このページの先頭です

JP

ここから本文です

宿坊で一日を過ごす

清浄のひとときを過ごす。

日常生活から離れ、僧侶と共に勤しむ修行体験。
きっと“新しい自分に出会える”ことでしょう。

15:00 チェックイン

真田家の家紋「六文銭」の高張り提灯がかかる山門をくぐり境内へ入ると、左手に広がる白砂の庭園の向こうに本堂が見えます。

寺内の鐘

鐘の音

夕方の瞑想や朝の勤行の開始5分前には、鐘の音が寺内に響き渡ります。

本堂での瞑想

17:00 阿字観

当院では僧侶たちが毎夕本堂にて「数息観」「阿息観」をいたしております。どうぞご一緒にご体験ください。

夕食

18:00 夕食

お食事は広間で襖絵をご覧になりながら、お楽しみください。
昆布や野菜のみの出汁、野菜を中心とした精進料理は、ベジタリアンの方々に安心してお召し上がりいただけます。
ビーガン(完全菜食主義者)のご対応も可能です。

就寝

入浴・就寝

1日の疲れを癒して、早めにお休みください。浴室付のお部屋もございます。
※門限は基本21:00でございます。

朝の勤行

6:00 朝の勤行

亡くなった方々を供養し、家族の平安を祈るための読経が始まります。前日にお申し込みくだされば、故人のお名前を読み上げてご供養申し上げます。

朝食

7:00 朝食

椎茸や昆布、野菜の乾物を使った旨味の効いた精進料理は、お腹にもやさしい料理です。

9:00 チェックアウト

阿字観

アジアの宗教が瞑想で重視するのは「呼吸を整える」点にあります。出入の息を数える「数息観」から、密教の瞑想法である「阿字観」へと進みます。自分を見つめ直す契機として下さい。

阿字観

写経

写経は、修行の一つです。一文字、一文字、心を込めて丁寧に「般若心経」もしくは、弘法大師を讃える御宝号「南無大師遍照金剛」を書き写します。筆先に集中して書き進めていくうちに、次第に雑念が取り払われ、書き終えた時の清々しさに心も洗われることでしょう。
「写経」は、お好きな時間に行えます。

写経

写経:1,100円(奥の院へ1,000円を添えてご奉納いたします。用紙代100円を含みます。)

お問い合わせはこちら